2010年06月18日

中央省庁の幹部人事 廃案で浮上した今年の政府方針(レスポンス)

参議院での審議未了で廃案となった国家公務員法の改正。その影響を受けて宙に浮いたままになっていた中央官庁の幹部人事について、政府は18日の閣議で4つの方針を打ち出した。

閣僚への菅首相の指示は次の通り。

(1)能力実績主義による人事
(2)局長以上の登用は官房長官に相談
(3)府省を超えた人材登用 特に審議官交流を推進する
(4)女性の登用

政府は国家公務員法の改正で自民党政権時代の省庁の縦割り人事を廃止し、幹部人事を内閣で一元化することを目指した。法案は廃案になったが、今回の方針でも「内閣の一体性の大切さ」を訴える。

幹部人事は、各省の官房を中心とする事務方で決まってきた。民主党政権は、この人事の在り方を政治主導で変えようとしている。しかし、その方向性を決める国家公務員法が廃案となることで、夏の大規模人事を控えた中央官庁には動揺が広がっていた。

玄葉光一郎公務員制度改革担当相は「適切なご指示があった。人事権を持った各大臣におかれては、指示方針通りに進めてもらいたい」と、話した。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
菅総理が前原国交相に指示した7つのこと
【高速道路新料金】菅首相から最初の指示…微妙に後退?
【井元康一郎のビフォーアフター】内閣シフト、トップ変更で環境対策はどうなる?

仮想空間「アメーバピグ」 国会議員のアバター登場(産経新聞)
回収カプセルを分離 はやぶさ帰還へ(産経新聞)
女子高生暴行容疑で介護士逮捕=携帯番号調べ電話―和歌山県警(時事通信)
露骨性描写含む漫画、都規制条例改正案を否決(読売新聞)
雑記帳 迷子のカルガモ親子を救出 京都・西本願寺(毎日新聞)
posted by ウスイ マサト at 21:04| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。