2010年04月16日

村本さん死亡 無言の帰国…「悲しみはあまりにも大きく」(毎日新聞)

 タイで10日発生したタクシン元首相派のデモ隊と治安部隊との衝突で死亡したロイター通信日本支局の日本人カメラマン、村本博之さん(43)の遺体が13日、バンコク発の日本航空機で成田国際空港に到着した。

 村本さんのひつぎを納めたコンテナが機内から降ろされると、日航の地上職員が白い布で丁寧に覆った後、白ユリの花束を手向けた。職員らは黙とうをささげ、ひつぎを載せた車両を見送った。

 同じ便では、同僚で15年来の友人でもあるオリビエ・ファーブルさん(42)が村本さんが死の直前まで使用していたテレビカメラを携えて帰国。妻恵美子さんの「悲しみはあまりにも大きく、うまく言葉にすることはできませんが、2人の娘の母として気持ちを引き締めなければならないと思っています」とのコメントを代読した。 

 また、村本さんの遺体を乗せた車は午後7時40分ごろ、検視のため東京都練馬区の警視庁石神井署に入った。パトカーに先導された車を署員13人が敬礼して迎えた。同署によると、検視後は14日朝に東大病院に搬送し司法解剖する。【斎川瞳、馬場直子】

【関連ニュース】
村本さん死亡:遠距離から銃撃 威力大きい実弾
村本さん死亡:死の直前の撮影映像を配信 ロイター通信
タイ:衝突死者21人に 村本さん左胸に銃弾
村本さん銃撃:「あの笑顔で帰れず残念」妻の恵美子さん
タイ:ロイター、村本さんの死亡確認 帰国後慈善活動予定

短大生監禁の芦屋署元巡査、第2回公判で起訴内容認める(産経新聞)
<子宮頸がん>「4月9日」に啓発イベント 検診受診率低く(毎日新聞)
首相、寄付税制のマニフェスト盛り込みに前向き(産経新聞)
<学校耐震化>予備費で推進する考え示す…鳩山首相(毎日新聞)
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」(産経新聞)
posted by ウスイ マサト at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑−名張毒ぶどう酒事件(時事通信)

 「なぜ差し戻しなのか」。名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が審理を名古屋高裁に差し戻す決定をしたのを受け、鈴木泉弁護団長は6日午後、名古屋市内で記者会見し、戸惑いの表情で語った。
 奥西勝死刑囚(84)の年齢から考えて、最後と位置付けられる7度目の再審請求。同弁護団長は「この段階で再審開始決定があってしかるべきではないか」と悔しそうな表情を見せた。一方で「再審無罪に向け、光が差し込んだ」とも話し、再審開始決定に望みを託した。
 鈴木弁護団長は同日、愛知県一宮市の事務所で、決定書を受け取った。その瞬間、「再審開始決定だ」と感じたという。しかし、封筒を開けた際、飛び込んできたのは「差し戻し」の文字だった。
 「(奥西死刑囚は)40年以上にわたり身柄を拘束され、死刑の恐怖にさらされている。再審開始決定をして、再審公判で足りない部分を審理しても良かったのでは。むしろそうあってほしかった」と訴えた。
 それでも、最後には「再審開始を勝ち取るべく全力を挙げる」と言葉に力を込めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
〔用語解説〕「海外での日本人死刑問題」
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
名張毒ぶどう酒、高裁差し戻し=再審取り消し破棄

海洋観測船 二酸化炭素濃度に異常値 原因は装置の不具合(毎日新聞)
郵政見直し、「WTO違反の可能性」=官房長官らに書簡−米、EU大使(時事通信)
【野口裕之の安全保障読本】中国に「目覚め」る欧州(産経新聞)
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会(医療介護CBニュース)
「お袋」から顔、ワラビーの赤ちゃんスクスク(読売新聞)
posted by ウスイ マサト at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

弁護士名乗り「全財産送れ」3500万円詐欺(読売新聞)

 福岡県警南署は2日、福岡市内の一人暮らしの女性(70歳代)が弁護士を名乗る男から「財産を差し押さえられる」とだまされ、小包で送った約3500万円を詐取された、と発表した。

 発表によると、女性宅に3月4日、差出人を「民政相談管理事務局」とするはがきが届き、「未納料金ないし、契約違反などがあり、連絡がないと財産を差し押さえられます」と記していた。

 女性は同月5日、はがきに記載された事務局に電話したところ、「法律事務所」を紹介された。女性がこの事務所に電話すると、弁護士を名乗る男が「差し押さえを防ぐために全財産を送ってください。貸金庫に保管し、差し押さえ期間が過ぎたら返します」と話したという。

 話を信じた女性はその日のうちに複数の金融機関から計1900万円を下ろし、男が指定した東京都内の住所にコンビニエンスストアから小包で送った。

 女性は同月8日、「法律事務所」に電話で問い合わせると、男が「まだお金がありませんか」などと尋ねたため、女性は翌日、さらに1610万円を引き出して小包で送ったという。

 ところが、「差し押さえ期間」が過ぎても現金は返却されず、法律事務所と連絡が取れなくなったため、女性は同月30日、交番に届け出た。

国内2例目のロタウイルス胃腸炎の予防ワクチンを承認申請―万有製薬(医療介護CBニュース)
<足利事件>菅家さんの公民権が回復 選挙権も復活へ(毎日新聞)
高校授業料無償化法案、きょう成立(読売新聞)
振り込め詐欺被害防止に向け 埼玉県警が銀行で“抜き打ちテスト”(産経新聞)
<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)
posted by ウスイ マサト at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。